蓼科高原日記|ささやかな山暮らし

音楽・本・映画・釣り竿・デジタル機器、そしてもちろん自然に囲まれた山暮らしの日常

春の到来

昨夜遅くまで降り続いた雨は寝ている間に上がり、今朝は眩しい日差しで目を覚ました。

 

室温が7℃あったため、ファンヒーターも30分弱入れただけですぐに切った。

 

朝食を摂っているとバルコニーのすぐ前に張り出している枝が大きく揺れたので、もしやと目を凝らすと、やはり栗鼠の姿。

 

この陽気に誘われて活動を開始し、家の中にこちらの存在を認めて驚き、慌てて遠ざかったのだろう。

 


その後も気温は漸次上がり、15℃に垂んとした。

 

これくらいになると、寒さに慣れた身体にはほとんど暑く感じられる。

 

屋根から落ちて2m近く溜まり、6月頃までは消えまいと思っていた雪も、ちょっと見ない間にだいぶ減っている。

 

20210329-雪融け

 

今年は季節が不順――とは毎年のように言われる言葉だけれど、令和3年は今のところ、珍しく順調に推移している印象だ。

 


平地ではもう桜のたよりが聞こえて久しいようだが、この辺りにはそもそも染井吉野は生育せず、山桜がほんのわずか見られるに過ぎない。

 

したがって、そのあざやかさより、ちょっとした草の芽吹きに春の到来を覚える。

 

それももう間もなく、いや、よく探せばもう見つかるのかもしれない。

 

 

 

 

 

Carmen McRae「Blue Moon」
01. Blue Moon
02. My Foolish Heart
03. I Was Doing All Right
04. Summer Is Gone
05. I'm Putting All My Eggs in One Basket
06. Nowhere
07. Until the Real Thing Comes Along
08. Lush Life
09. Even If It Breaks My Heart
10. Laughing Boy
11. Lilacs in the Rain
12. All This Could Lead to Love

 

20210329-Blue Moon

 

John Coltrane「Coltrane Time」
01. Shifting Down
02. Just Friends
03. Like Someone in Love
04. Double Clutching

 

20210329-Coltrane Time