蓼科高原日記|ささやかな山暮らし

音楽・本・映画・釣り竿・デジタル機器、そしてもちろん自然に囲まれた山暮らしの日常

デジタルパワーアンプ(ELEGIANT)

年明け早々、真空管プリアンプを手にしたことが呼び水となり、続いて真空管パワーアンプを購入し、それ以来、約3ヶ月間、ほとんどこれらを通して音楽を聴いている。

 

従来使用していたのはトランジスターのアンプで、いずれにせよアナログ波を増幅するものだ。

 

一方、デジタル音源がほぼ主流となっている現在、これをそのまま拡大するデジタルパワーアンプなるものがあることを知り、例によって少々調べたところ、小型軽量のボディながら100W級の出力を具えた製品が3千円ほどで手に入ることがわかり、こうなるともう、「一体どのようなサウンドが再生されるのだろう」という好奇心が疼き出して抑えることができず、早速注文してしまった。

 

amzn.to

 

私が購入したのは「ELEGIANT」なるブランドのものだが、Amazonにはこれと実質的に同一と思われる製品がいくつかの冠を被って出ているので、恐らく一つのOEMメーカーから出ているに違いない。

 

 


届いたおなじみのAmazonの段ボール箱を開けると、製品はきちんとした化粧箱に収まっていた。

 

同梱品は、ACアダプター、ピンプラグ―ミニプラグケーブル、ミニプラグ―ミニプラグケーブル、そして簡単な説明書である。

 

不備はなさそうだったので、早速、音源たるPCとの接続。

 

20210402-デジタルパワーアンプ

 

といっても、このデジタルアンプはbluetoothインタフェースを具えているので、ケーブルは使用せずペアリングを試行すると、問題なく接続された。

 


さて、もっとも興味のあったその再生音だが、決して悪いものではない。

 

が、真空管の音に耳が慣れていることもあってか、聴覚がかなりの刺激を感じ、これを長時間聴き続けるのは、正直なところ遠慮したい気持ちである。

 

特に、私のリスニング・ターゲットであるジャズ、クラシック(というほど広くなく、ほとんどモーツァルト、そして時折バッハ)の再現には、あまり向いていない印象を否めない。

 

反面、電子楽器の音には適性があるような気がする。

 

無論、未確認ゆえ、あくまで推測に過ぎないが……

 

従って、本デジタルアンプの今後の使用は、気分を変えてちょっと感じの違う音を聴いてみたいとか、「この演奏には合うかもしれない――」といった音源に出会った時、一時的に電源を入れる形になりそうだ。

 

こう書くと、無駄な買い物に終わったようだけれど、そもそも初めに述べたように、その最大の目的は好奇心の満足だったわけで、これは十分に満たされた。

 

 


もう一つ、音質とともに、アンプの出力(音量)にも関心があった。

 

本デジタルアンプは、最大出力50W+50Wと謳っているが、これは24V-DCのアダプタを使用した場合らしく、製品付属の12Vのものではぐっと落ちるはずである。

 

しかしながら、いつも聴いている音量を得るのに、PC側の出力一定の下で、真空管パワーアンプではボリュームを2時の位置まで、トランジスターアンプでは12時まで回すのに対し、デジタルアンプは11時ほどの所で十分。

 

これを見る限り、スペックの数値は決して偽りではなさそうだし、付属品を考えても(それらの品質は一先ず措くとして)、コストパフォーマンスは相当高いと言えると思う。

 

 

一点、本体が軽すぎて安定感に欠けるのは少々いただけない。

 

上の画像では遠近の関係で本来のサイズが出ておらず、実際のところ、本体の体積はACアダプタの約1/3に過ぎず、自重についても然りなのである。

 

ボディはアルミ合金ということだが、前面パネルはプラスティック製なので、ここも金属にして質量を増やす手もありそうだけれど、これは若干の価格アップに繋がるだろうし、また総メタルボディはbluetoothでのインタフェースを阻害するため、アンテナの追加が必要となる。

 

ACアダプターと一体化する手も――と思ったものの、こちらもノイズ対策などの要素もあり、やはり分離するのが望ましいのだろう。

 

もう一つ、製品の癖として、ボリューム位置が九時頃まではほとんど音が出ず、それより回すと一気に大きくなるので、他製品の感覚で扱うと思わぬ轟音に耳やスピーカーを驚かしかねない。

 

ともあれ、面白い一品ではある。

 

 

 

 

紀州へら竿のブログに「櫓聲 破傘 青春 15.8尺 口巻 籐握り」を投稿。

 

以前にも書いたが、真空管オーディオと竹製の釣り竿には、実に共通する味わいがある。

 

charmedbybamboorod.blogspot.com

 

 

Keith Jarrett「Standards Live」
01. Stella by Starlight
02. The Wrong Blues
03. Falling in Love with Love
04. Too Young to Go Steady
05. The Way You Look Tonight
06. The Old Country

 

20210402-Standards Live

 

Sonny Rollins「Saxophone Colossus」
01. St. Thomas
02. You Don't Know What Love Is
03. Strode Rode
04. Moritat
05. Blue Seven

 

20210402-Saxophone Colossus