蓼科高原日記|ささやかな山暮らし

音楽・本・映画・釣り竿・デジタル機器、そしてもちろん自然に囲まれた山暮らしの日常

中古パワーアンプ(パナソニック RAMSA WP-1100A)

ビクターのスピーカーに続き、パナソニック製パワーアンプ「RAMSA WP-1100A」が到着した。

 

これは本来、一般家庭におけるリスニングルーム用の機器ではなく、所謂PA(Public Address)、すなわちより広い公共施設や屋外での音響伝達を目的としたプロ・ユース製品である。

 

今般パワーアンプを新たに手にしようとした理由は、先に「高地の桜」に書いた通り、少し大きめのビクター製スピーカーを、従来より本格的なアンプで駆動してみたかったからで、初めはオークションで一般的なパワーアンプに目を向け、その中でもパワーメーターを装備している機種を狙ったのだが、このタイプは結構人気があるらしく、なかなか落とすことができなかった。

 

かといってそれを具えていないオーソドックスな民生品では少々面白みに欠ける気がして、さてどうしたものだろうと考えているうち目に入ったのが、「業務用」「プロ仕様」と銘打たれた製品だった。

 

無論、このカテゴリーの製品にもパワーメーターを持つものはあるが、その価格状況は民生品と全く同じだったため遺憾ながら対象から外し、極力シンプルなものも悪くないだろう――と自分に言い聞かせて物色した結果、この「RAMSA WP-1100A」の落札に至ったのである。

 

20210427-RAMSA

 


画像からお分かりのように、高級オーディオブランドの代表格である、マッキントッシュの格調、マランツの気品、ジェフ・ローランドの優美などとは無縁の、何ともそっけない外観だが、見方によっては質実剛健で頼もしい面構えとも言える。

 

実は、本来、前面パネルの左右、および両側面の後方に向け、ラックマウント用の金具が突き出ていたのだが、さすがに少々無骨過ぎるし、また嵩張ることに加え、そもそも当方の使用環境では不要なため、取り外してしまった(ねじ止めなので脱着は容易)。

 

中古品としての状態は、筐体上部に目立たないとは言えない大きめの引っ掻き傷はあるものの、前面パネルは綺麗だし、機能的に重要な位置を占めるインタフェース用端子類には錆・汚れ共にほとんど認められず良好で、まず安心した。

 

 

 

 


その、背面の他機器とのインタフェースについては、プロ・ユースらしさが現れている。

 

20210427-RAMSA端子

 

入力端子は標準的なピン(RCS)ジャックではなく、いずれもモノラルのフォーン(標準)およびキャノン(XLR)のジャックをそれぞれ二系統ずつ具えているのだ。

 

つまり、独立なモノラルアンプを二台装備しているイメージで、実際、入力2系統(左右)―出力2系統(左右)の標準的なステレオモードの他、BTL接続による入力1系統―出力1系統のブリッジモードも用意されており、スイッチにより切り替え可能となっている(さらにモノラルモードもあるのだけれど、この仕様は今一つ不明[入力1系統―出力2系統?])。

 

ただ、手持ちケーブルには、フォーン(標準)、キャノン(XLR)いずれのプラグを具えたものもなかった。

 

そこで新たに調達する必要が生じ、どうせならこれまで未経験の後者で繋いでみようかとも考えたのだが、この端子の最大の特徴は「抜けにくい」ことだと知り、強いてそれを試すこともなかろうと標準プラグの方にした。

 

とは言え、モノラルの標準プラグなど見たことはなく、そんなものが市販されているのだろうかと調べたところ、ステレオミニプラグ―モノラル標準プラグ×2を両端子とするケーブルがあったので、これで音源として考えたiPod touchと接続することにして注文した。

 

世の中には色々な製品があるものだと感心。

 

なお、スピーカーケーブル端子はねじ止め式、それもつまみ付きの手で回せるものではなく、ドライバーを要する形式である(機種によっては、スピコンという、さらに特殊な端子しか具えていないものもある)。

 

 

 

 

 

あと一点、本機について特記すべきだろうことは、ボリューム(音量)調節つまみについてだ。

 

前面パネル中央部に、左右独立のつまみが装備されているのだが、その目盛りの数値は左端が∞で、時計回りに徐々に小さくなって右端が0となっており、一見すると右端が最小ポジションで、音量を上げるにはそこから反時計回りに回していくように思われる。

 

しかし、実際は通常のボリュームつまみと同じく、左端が音量最小位置で、右端が最大なのだ。

 

目盛りの数値は、「特定の出力(定格出力?)を得るために必要な入力信号のレベル」という意味らしい。

 

白状すると、私は当初、右端が音量最小位置だと勘違いし、「電源オンはボリューム最小の状態で」という原則を守るべく、つまみを右へ回し切った状態で電源を入れてしまった。

 

幸い、iPodの出力を最小にしていたので、その後の音出しと併せ大事には至らなかったが、場合によってはスピーカーやアンプ本体にダメージを与える恐れがあるので本当に注意が必要だ。

 

そうそう、このアンプの独立のボリュームつまみは、カチカチと段階的、小刻みに動くタイプゆえ、左右を同一位置に揃えるのは容易であることも付記しておく。

 

訂正――上のつまみは「入力アッテネーター」だった。

 

パネルに「INPUT ATT」とはっきりプリントされているにもかかわらず、これは通常、パワーアンプの背面に付いているものと思い込んでいたため、勘違いしてしまった。

 

入力アッテネーターなら、目盛りの左端が∞、右端が0で何の不思議もないわけである。

 

思い込みというのは実に恐ろしい(そしてお恥ずかしい……)――訂正ここまで

 


ともあれ、無事音出しも完了したのだが、本記事が既に大分長くなったので、それについては稿を改めてご紹介したい。