蓼科高原日記|ささやかな山暮らし

音楽・本・映画・釣り竿・デジタル機器、そしてもちろん自然に囲まれた山暮らしの日常

五月の雪

今日も朝から不安定な空模様で、日が差したかと思うとすぐまた暗くなり、ざッと降るパターンが繰り返された。

 

その落ちてくるものは透明ではなく、何となく白みを帯びていたが、夕方何気なく外へ目をやるとすっかり雪に変わっており、すでに景色はうっすらと白く装っていた。

 

20210502-五月の雪

 

四月の中旬まではまとまった雪の来ることは稀ではないけれど、この時季に降るのは非常に珍しい。

 

春の訪れまでは順調に季節の推移した今年だが、ここへきて不順な様相を呈している。

 

室温の低下も速やかなので、外は一体何度なのだろう――と、ネットで確認できるすぐ近くの気象計データのページへアクセスしたら、数値が表示されていなかった。

 

恐らく現在はしっかり氷点下へ落ちていることだろう。

 

相変わらずの強風に窓ガラスが圧迫され、障子が鳴る。