蓼科高原日記|ささやかな山暮らし

音楽・本・映画・釣り竿・デジタル機器、そしてもちろん自然に囲まれた山暮らしの日常

四月の雪

今朝、夢から現へ半分戻ってしばらく床の中でぼんやりしていると、トン・トン・トン……と規則的な音。

 

はじめは気のせいかと思ったが、少し意識を集中して耳を澄ましても、やはり聞こえる。

 

啄木鳥が家の外壁を叩くこともあるけれど、それほど強くはない。

 

では雨垂れか――といっても、外は日が差してるようだし、俄雨によるものにしては長く続きすぎる。

 

そんなことをあれこれ考えているうちにすっかり目が覚めてしまったので起床した。

 

そして一番手近な障子を開けると、確かに廂から水滴が落ちてはいるが、雨の降った直後という様子はない。

 

ト少し視線を移すと、辺りがうっすらと白くなっていることに気付いた。

 

20210407-四月の雪

 

未明(?)に降って屋根に少し積もった雪が陽の光を受けて融け、それが雫して立てた音だったのである。

 

 


季節外れの雪――と言ってもよいかもしれないが、実際のところ、四月にまとまった雪の降ることは珍しくない。

 

降雪の少ない冬の後、四月の中旬に一晩で20cmほど降り積もったのも、これまで幾度か目にしている。

 

それでもさすがに四月下旬以降に降ったことはないので、夏タイヤへの交換は毎年この時季を待つのが通例だ。

 

もっとも、既にあらゆるものが熱を蓄えてきているため、まとまった雪も日の下ではあっという間に融ける。

 

今朝の雪も、昼までにはほとんど姿を消してしまった。

 

この春は一昨日あたりから気温が低迷しており、今週末にかけてはさらにもう少し寒くなるようだ。

 

 

 

 

ネットワークのどうしようもなかった状況は大分改善された。

 

とは言え、まだまだストレスを感じることが多い。

 

 

 

「A列車で行こう(Take the 'A' Train)」をジャズ・ブログへ上げた。

 

jazz-cafe.hatenablog.com

 

 


John Coltrane「Stardust」

01. Stardust
02. Time After Time
03. Love Thy Neighbor
04. Then I'll Be Tired of You

 

20210407-Stardust

 

Art Blakey & The Jazz Messengers「The Big Beat」
01. The Chess Players
02. Sakeena's Vision
03. Politely
04. Dat Dere
05. Lester Left Town
06. It's Only a Paper Moon
07. It's Only a Paper Moon [Alternate Take]

 

20210407-The Big Beat