蓼科高原日記

音楽・本・映画・釣り竿・オーディオ/デジタル機器、そしてもちろん自然に囲まれた、ささやかな山暮らしの日常

暮らし

ホームタンクのメンテナンス(塗装)

前記事でご紹介したストレーナーの部材交換を計画した際、ホームタンクに局所的な錆の見られることに気付いた。タンクは家の裏手に設置してあるため、外観を気にする必要はないのだが、錆の出ている「局所」というのが、ストレーナーへのパイプの根本、およ…

ホームタンク・ストレーナーのフィルター交換

今年の夏頃、屋外に設置してあるオイルタンクのストレーナー―灯油を濾過して異物を除去する装置―のカップに湿りが見られ、その直下の地面も周囲と色が相違していることに気付いた。季節が季節だけに、当初はカップ表面に結露が生じ、それが地面へ滴ったもの…

ブレーキキャリパーの固着、オーバーホール

車検のため車をディーラーへ出した。基本的に車は道具と考えている(そしてその観点で大切にしている)ので、車内のクリーニングや消臭といったオプションの提案はすべて辞退しているが、車検の合否に関わることとなるとそうはいかないわけで、そのような問題…

水道の水漏れとシールテープ

炬燵を出した日に、寝室を北側の洋室から南向きの和室に替えた。洋室には本格的な暖房装置がなく、それのあるリビング(LDK)からも離れているため、冬季は寒さで眠れないのに対し、和室の方は、こちらも暖房器具を設置していないのは同様なものの、リビングに…

気温の急降下・炬燵開き

予報通り昨夜から気温が下がり、今朝は5℃を割り込んだ。しかし、例年ならこれくらいの冷え込みは当然ということもあり、漸くこの時季らしくなったと却って安心である。起床時の室温は14℃。午後には天気が回復して日も差したものの、外気温はほとんど上がらな…

唇にオロナイン?

注意―本稿は、個人的な実体験をあくまで一例としてご紹介するもので、記述した内容をお勧めする意図は全くなく、仮にそれを実行されて何らかの問題が生じたとしても、当方ではその責を負えないことを予めお断りしておく。2ヶ月ほど前、特にはっきりした契機…

車の異音―走行時、シャラシャラという摩擦音

半月ほど前、車を出そうとした際、シュルシュルといった草を巻き込んだような音が聞こえた。実際、駐車スペースの端には雑草が蔓延っており、以前にも似たような経験をしているので、それほど気にはしなかったのだが、それがなかなか消えず、結局その日は出…

これも副反応?

今朝、起きるのに強い意志を要した。いつものことと言えばそうだし、誰でもと広げてもよいのかもしれないが、昨夜寝られなかったわけではなく、そして確かにいつも以上に辛かった。そしてその後、音楽を聴いたり本を読んだりといった、好きなことをしている…

祭りのあとの寂しさ

パラリンピックが幕を閉じた。今大会、日本選手の活躍だけに限っても、実にバラエティに富んだ情景が展開されたと思う。新たに現れた若い選手による鮮烈なパフォーマンス―他大会ではまず見られない御大の雄姿―従来の壁を突破しての新世界への進出―長年追い求…

ファイザー製コロナウィルス・ワクチン 2回目接種と副反応

コロナウィルス・ワクチン(ファイザー製)の2回目の接種を完了した。前回感じた、接種直後のごくわずかな頭の重さや身体の反応の鈍化はなく、家に戻ってからも、倦怠感や接種部の痛みの出ることも特になかった。これなら、今回は取り立てて書くこともなかろう…

ファイザー製コロナウィルス・ワクチン 1回目接種と副反応

コロナウィルス・ワクチン(ファイザー製)の1回目の接種を受けた。これについては、6月の終わり頃だったか、「優先接種対象者把握」のためのアンケート葉書が来て、今こんな作業が行われているのでは、接種を受けられるのはずっと先だろう―と思っていたら、そ…

遅めの草刈り

そろそろしなければ―と思った頃から雨模様の空が長らく続いたため、ずっと見合わせていた家の周りの草刈りを、漸く天気が安定したので、今日片付けた。例年よりかなり遅くなってしまったこともあって茂りが酷く、かなりの時間と労力を要したため、終わった後…

蟻の侵入

午後、一週間ぶりに日が差した。長く暗い景色に閉ざされていたので、目を愉しませようと障子を開けて外を眺めていると、視野の下縁に何か黒いものが動いている。そこで目を下へ向けたところ、敷居の上を蟻がぞろぞろと這い回っていた。何分山の中の家なので…

電気の契約容量変更

タイトルの通り、電気の契約容量を変更した。これまでは、一般家屋においてまず不足はないとされる、上限の60Aだった。と言っても、別段豪邸に暮らしているわけではなく、冬場、電気食いの凍結防止帯をかなりの本数使うし、元々別荘として建てられた家という…

充電式LEDランタン

一月前、寝室を南側の和室から北側の洋室へ替えた際、枕元のスタンドを床へ落として豆球を破損してしまったので、それ以来、充電式のLEDランタンを代用の常夜灯として使っている。これはそもそも、アウトドアでの使用や、停電などの緊急時用として去年購入し…

薪ストーブの清掃・灰篩い

この時季の年中行事である薪ストーブの清掃を行った。それに先立ち、灰の処理。この、薪を燃やした灰には、食器洗剤代わりに使える、土壌改良剤になる、といった有用性のあることは知っていたものの、長年、特にそれらとして役立てることなく、次シーズン初…

梁の埃払い

昨日、久しぶりに、リビングの梁の埃を落とした。久しぶりというより、この家を手に入れて初めてかもしれない。この梁は当然、かなり高い所を渡っているので元々埃は付き難かった上、溜まっても、そのような所に時間をかけてゆっくりと堆積したものだけに安…

東芝製REGZA(RD-R100)の異音

今朝起きると、ひんやりと寒さを感じた。室温は10℃ほどあったが、近くに設置された気象計のデータをネットで確認したところ、未明に2℃台まで落ち込んでいた。相変わらず空は薄雲に覆われているものの、それを透して日はこぼれてくるので、さすがにこの時季、…

寝室替え

夜は10℃を割り込むものの、日中はさすがに気温が上がり、寒さを覚えることはなくなったため、昨夜から暖房器具がなく、他からの暖気も届かない北側の部屋へと寝室を移した。和室から洋室への変化に加え、寝具も変わり、眠りが多少干阻害されるのはいつものこ…

初夏の陽気

昨夜から今朝にかけ、今年初めて、一晩中気温が10℃を割り込むことなく推移した。そして日中はさらに暖かくなり、気象計の数値は19℃台に留まったものの、玄関先に設置した寒暖計では20℃を大きく越え、初夏の陽気となった。これを受け、冬のあいだ閉め切ってい…

暖房なしの日

昨日はまた雨模様で、日中も気温があまり上がらなかったが、その反面、夜間の低下もなかった。そして今日は朝から強い陽射しが降り注ぎ、その高めの土台からさらなる気温上昇が見られ、ほとんど20℃に届かんとした。先週到来したの天候不順も、どうやら去った…

暗い空の下での雑感

ここ数日、天気が安定しない。昨日は午前中青空が広がったものの、それまでの雨をもたらした雲の名残が居座り、昼頃にはまた勢力を盛り返して夕方また降り出した。今日も朝から曇り空で、やはり先ほどからまた雨となっている。風の強い状況も相変わらず。た…

eBayでの不良品トラブル

真空管アンプ用の代替球をいくつかeBayで購入し、それらが届き始めているのだけれど、そのうちの一件でトラブルが生じてしまった。とは言っても、eBayの問題ではなく、販売者の落ち度であることを初めに述べておく。注文したのは整流管5C4Sの古い型、ST管の…

寝不足の一日・木々(景色)の化粧直し

最近、ごく些細なものでも、気にかかったことがあるとそれに酷く眠りを妨げられる。例えば、ある人名が思い出せない、あのイディオムの意味は何だったろう、出かけるのは明日にしようか、それとも明後日の方がいいか…など、本当にどうでもいいことで、かつそ…

薪ストーブ(着火方法―調査・思考・経験から)

予報通り到来し、昨日の日中、気温を10℃近くにまで上げた暖かさは、これも予報に違わず夕方には去り、未明にはまた氷点下10℃を割り込んだ。当然、今朝は薪ストーブに登場願った。この薪ストーブを使い始めて既に12年、今ではほぼ自在に機能させることができ…

年末年始の電気料金

12月中旬からの一ヵ月間の電気料金が12,000円あまり、寒波が何度か襲来したためだろう、前年に比べ、2割ほど嵩んだ。これでも、当地へ来た最初の冬、ほとんど毎月2万円近く請求されていたことからすれば、随分控えめになったと言える。スマートメーターを設…

寒さ緩みて伸びし氷柱

今回の寒波のもたらした寒さが漸く少し和らぎ、今日は気温が氷点下5℃まで上がった。無論真冬日だが、青空から日差しが降り注いだこともあり、かなり暖かく感じた。さて、先日来、枕元に置いておくスマートフォンから早朝に通知音が数度発し、これにより眠り…

薪ストーブ・ファンヒーター・炬燵

予報通り寒波が到来。元々この辺りは雪の多いところではなく、里はまだ地色のままで、山の上も白一色ながら、今回もそれほどの加算とはなっていないけれども、寒さは厳しく、今日は最高気温が氷点下11.x℃に留まった。最低気温の方がマイナス14度台までしか下…

アイリスオーヤマのLED電球

大晦日、PC作業スペース上のLED電球が切れてしまった。先立つものがなかなか懐に入ってこない現在、極力出費を抑えるべく努めているけれど、必要不可欠なものはやはり買わざるを得ないので、すぐ替わりの球を注文し、それが今日届いた。白熱電球から蛍光灯電…