蓼科高原日記|ささやかな山暮らし

音楽・本・映画・釣り竿・デジタル機器、そしてもちろん自然に囲まれた山暮らしの日常

寒暖の差・夕景

昨日は雨の音で明けた。

 

日中はまだそれまでの暖気が残って6℃ほどあったものの、午後二時頃から急激に低下し、日の沈む前に氷点下に転じて、そのまま-6℃くらいまで落ち込んだ。

 

これに伴い、雨は雪へと変わり、夜に入ると風もまた吹き出して終夜その音を聞かされることに。

 

今朝、気象計のデータを確認したところ、未明に打った最低気温は氷点下11℃台。

 

それなりに気温が下がるということは予報も言っていたが、それ以上の厳しい冷え込みとなった。

 

 

 

しかし、今日は空にほとんど雲の見えない快晴、日が上るに従い気温も大きく上昇し、外を歩くと汗ばむくらい、薪ストーブの焔を不要と感じるほど暖かかった。

 

実際の気温は3℃に届かなかったものの、やはり陽射しがかなり強くなってきており、昨夜辺りを覆った雪は一気に姿を消し、山もだいぶ地肌を見せ始めている。

 

山の地肌

 

考えてみれば今日は桃の節句、ここでその色を目にするのはまだずっと先のことながら、夕暮れの空の色に、どことなく温もりを感じるのは、決して気のせいではあるまい。

 

夕景

 

 

 

アースキン・コールドウェルの短編集を新潮文庫で読んだ。

 

この作家のものを読むのは初めてかもしれないが、以前観た映画「タバコ・ロード」の原作者であることを知った。

 

コールドウェルの原作からジャック・カークランドが戯曲化し、それをジョン・フォードが撮ったこの映画は、おふざけが過ぎており、正直かなり食傷させられたことを覚えている。

 

ただ、今回接した短篇の印象からすると、「タバコ・ロード」も、原作はより落ち着いた色合いを具えたものではないだろうか。

 

こちらを改めて読んでみたいと思う。

 

 

 

Red Garland「Bright & Breezy」

01. On Green Dolphin Street
02. I Ain't Got Nobody
03. You'll Never Know
04. Blues in the Closet
05. What's New
06. Lil' Darlin'
07. What Is There to Say?
08. So Sorry Please

 

20210303-Bright And Breezy

 

Dizzy Gillespie「Sonny Side Up」

01. On the Sunny Side of the Street
02. The Eternal Triangle
03. After Hours
04. I Know That You Know

 

20210303-Sonny Side Up