蓼科高原日記|ささやかな山暮らし

音楽・本・映画・釣り竿・デジタル機器、そしてもちろん自然に囲まれた山暮らしの日常

世界ノンフィクション全集10 バウンティ号の反乱、非情の山K2、他2編

筑摩書房の「世界ノンフィクション全集」もまた、何度か改版の重ねられたシリーズだ。

 

この全集の量、および質を考えれば、それも当然かもしれない。

 

先ず1960(昭和35)年に全50巻本として発行されたが、1966(昭和41)年には「現代世界ノンフィクション全集」とタイトルに若干変更が加えられた上で再び全24巻が日の目を見る。

 

さらに1968(昭和43)年、「現代」の省かれた元のタイトルで全30巻のものが現われ、今私の書棚に並んでいるのはこれである。

 

当初、この全集の始祖である50巻物を手に入れたいと考え、古書情報やオークションを注視していたのだけれど、それなりに市場には出て来るものの、年代的にかなり古くなるため状態の思わしくないものがほとんどであり、なかなか食指は動かなかった。

 

そうしているうち、自分の興味にマッチした作品はほとんどが1968年版に収録されていることに気付き、ちょうどその時、状態・価格ともこれならと思う出品があったので入手したのである。

 

その第10巻に収録されているのは次の四作。

 

・バウンティ号の反乱 W.ブライ
・アルプスの北壁 A.ヘックマイヤー
・非情の山K2 C.S.ハウストン、R.H.ベーツ
・船長日記 池田寛親

 

20210426-世界ノンフィクション全集10

 

本全集は基本的に抄訳だが、といっても各著作の中心となる部分は当然省かれてはおらず(所謂「いいとこ取り」)、タイトルから想像される通り、海と山において展開されたノンフィクション・ドラマを堪能させてくれる。

 

これらの内、初めの三作はよく知られたもので、他の全集や叢書でもよく見かけるが、「船長日記」には今回初めて出会い、特に面白く読んだ。

 

このような著作がしっかりと収録されている点に、編者の見識、および出版社の度量を感じる。

 

引き続き他の巻を読むのが愉しみだ。

 

 

 

 

 

昨日今日と日中も気温は上がらず、今早朝は氷点下5℃台まで落ち込んだ。

 

その上昨夜からまた強風、それも4日前のものとは違い身を切るような冷たい風が吹き荒れている。

 

 

 

「Thelonious Monk Plays Duke Ellington」
01. It Don't Mean a Thing (If It Ain't Got That Swing)
02. Sophisticated Lady
03. I Got It Bad (And That Ain't Good)
04. Black and Tan Fantasy
05. Mood Indigo
06. I Let a Song Go Out of My Heart
07. Solitude
08. Caravan

 

20210426-Plays Duke Ellington

 

Miles Davis「'Four' & More」
01. So What
02. Walkin'
03. Joshua
04. Go-Go (Theme and Announcement)
05. Four
06. Seven Steps to Heaven
07. There Is No Greater Love
08. Go-Go (Theme and Announcement)

 

20210426-Four And More